京都駅 超広角レンズ撮影 2022

建物, 京都

Pocket

今回は額縁構図を意識して、京都タワー京都駅を超広角レンズ(14mm)で撮影してきました。

額縁構図とは、写真の中に枠を作り、まるで額縁で囲んでいるかのように撮影する構図のことです。

こんな感じです。額縁が少し歪んでいますが、枠の奥に主題となる京都タワーを配置しています。

京都タワー

使用したカメラとレンズは、これです!
(Amazonで購入可能です。)

カメラ:Canon EOS R6
レンズ:Canon RF14-35mm F4 L IS USM

額縁構図の作例をご覧ください。

京都タワー

また、枠で囲まない京都タワーも、超広角レンズで撮影しました。

京都タワー

京都駅自体も、幾何学的な囲いが多いですね。

京都駅

京都駅

京都駅

さらに、幾何学的なオブジェを見受けられます。

場所は、ここです。

まとめ

現在の京都駅ビルは、京都駅舎としては4代目で、1997(平成9)年にグランドオープンしています。

京都タワーは更に歴史があり、1964年東京オリンピックが開催された年に完成しています。

京都駅ビルは京都の玄関口として、21世紀の現在でも新しい空間のデザインとして、評価されています。

使用したカメラとレンズ

Canon RF14-35mm F4 L IS USM

RF14-35mm F4 L IS USM

※上のリンクから、Amazonで購入可能です。

 

こんな記事も書いています。

Pocket

建物, 京都